マッケンジー法

みなさん、腰痛・頸の痛みや肩こりなどに お悩みではありませんか?

腰痛は一生のうちには国民の80%がなるといわれています、
また、頸の痛みや肩こりも誰もが一度は罹ったことがあると思います。
一般的に上記の痛みの緩和の為に注射や投薬をしますが、慢性的に痛みが続く場合はマッケンジー法をおすすめしています。

マッケンジー法とは、リハビリテーションの療法の1つで姿勢・動作・症状などから一人一人の原因を判断し、患者さん自ら痛みや動きをコントロールして頂く為の運動療法になります。
また日常的におこなっていただくことにより、再発を防止することも出来ます。
マッケンジー法は欧米でも高く評価されていている運動療法です。

当クリニックは国際マッケンジー協会認定施設(令和元年7月現在)です、
一度ご相談されてみてください。

腰痛は成人の50-80%が一度は経験するといわれるほど一般的なものです。
また腰痛のうち80-85%程度はあきらかな病気がなくおこるものといわれています。

すごく痛いのに病院にかかっても異常はないといわれた経験のある方も多いと思います。こうした腰痛を機能的腰痛といいます。

「ぎっくり腰」のような強い痛みが、ごくたまに起こる場合は、とにかく痛みを楽にするための治療(薬、ブロック、リハビリ等の治療)をその場ですれば、早めにおさめていくことができますが、数年来の腰痛もちでずっと重だるさがあるといったような慢性的な腰痛に対しては、最近マッケンジー法をとりいれております。
これはおもに自宅でおこなう体操をやっていただき、反応をみながら適宜修正や変更をしていきます。 下のノートは10年来の腰痛で昼過ぎからは痛みのために3,4時間は寝ておく必要があったという患者さんから許可を得て、掲載させていただいたものです。

いままでありとあらゆる治療をためしたとのことでした。この方にはマッケンジー法で一番基本となる腹臥位で背中をそらす体操をやっていただきました。
最初から一日4セット、10回ずつしていただいています。後半になると一日6セットされています。
およそ2ヶ月程度で腰痛は半分以下になり、午後からも寝る必要がなくなりました。現在はほぼ日中の痛みはないとのことでした。

この間当院でしたことはときどき来院していただいて体操の仕方の指導をしただけです。

このようにマッケンジー法はある意味自分でがんばらないといけない治療法ですが、病院にも頻繁に通院しなくてもよくなる可能性のある、自立的な方法と思います。 このたび当院も国際マッケンジー協会認定セラピスト所属施設となりました。
マッケンジー法は腰痛だけでなく、頸のいたみ、四肢の痛みに対する方法もあります。さまざまな痛みから解放するための、ひとつの方法として一層採り入れていく所存です。  

Evernote Snapshot 20141226 175548[1]
Evernote Snapshot 20141226 175556
Evernote Snapshot 20141226 175604[1]