カテゴリー
整形外科の病気

頚椎椎間板ヘルニア

首や肩、腕、手などに痛みやしびれがはしります。ときに激烈な痛みのために夜眠れないといった症状がみられることもあります。

また手先が使いにくくなったり、足がもつれるなどの歩行障害がでることもあります。

 原因は背骨をつなぎクッションの役目をしている椎間板が、脊髄や神経を圧迫することによります。

痛みがつよい時期はまず痛みをなるべく早く楽にするように、お薬や神経ブロック注射などをおこないます。
また首の安静保持を心がけ、装具等を用いることがあります。痛みがすこし緩和されればリハビリテーションをおこなっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA