院長あいさつ

このたび縁あって大在の地で開業させていただくことになりました。
これまで救急病院や大学病院、整形外科専門病院、手の外科主体の病院、スポーツ整形主体の病院などいろいろな病院で整形外科に関する修練を積ませていただきました。
その中で特に大切だと考えるのは、月並みですが思いやりの心だと思います。私自身もこれまで患者さんや、一緒に働いた人達の思いやりのおかげで成長し、生きてこれたと感謝しております。
今後は地域医療を通じて、少しでも恩返しができればと思っております。
整形外科は痛みや動きの障害を扱う診療科です。いままでの経験で診療上私がとくに気がけていることは、当たり前ですがなるべく早く正確に診断し、早めに正しく対処すること、なるべくはやく痛みを楽にすること、なるべくわかりやすく病状説明すること、自分の持っているものをおしつけるのではなく、患者さん側からみてもっとも良いと思われるものを提供することです。
これから職員一丸となり地域の皆さんの安心して受診できる病院を目指してまいります。どうぞ、宜しくお願い致します。

猿渡整形外科スポーツリハクリニック
猿渡知行

プロフィール

院長氏名:猿渡 知行

院長略歴
ラサール高等学校卒業
九州大学医学部卒業(平成8年)
大分大学医学部付属病院
福岡整形外科病院
新潟中央病院新潟手の外科研究所(マイクロサージャリー研修)
名古屋掖済会病院整形外科(手の外科)医長
大分岡病院整形外科主任部長
他研修

専門領域:
関節、 手の外科、スポーツ整形

所属学会:
日本整形外科学会、日本手外科学会、整形外科スポーツ医学会、日本肘関節学会

資格、学位
医学博士

日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
日本整形外科スポーツ医
認定運動器リハビリテーション医
ロコモアドバイスドクター
国際マッケンジー協会認定療法士

医療理念

私たちは患者様に安心して来院していただける、ホスピタリティーあふれる病院を目指します。
運動器疾患において患者様本位の医療、あたたかみのある医療、信頼される医療、地域に根ざした医療をスタッフ一丸となって追求します。
そのため以下の3つを特に大切と考え、実践していきます。

1、患者様の満足度の追求
患者様の満足度を最優先に、医療技術とホスピタリティの質の向上をたえず追求します。

患者様の目線に立った、一人ひとりに最善の医療を提供いたします。
治療内容についてよりわかりやすい説明を心がけます。
スタッフ一人ひとりが患者様に何ができるかを考えて行動します。
院内を清潔に、快適に保ちます。

2.集う人の幸せの追求
同時に、患者様だけではなく、スタッフ同士もいたわりあえるよう、すべての人にやさしい対応をします。職員一人ひとりが患者様との出会いを通じて成長し、ともに働く人々の満足と幸せを追求します。

3.地域の中での役割の追求
地域の医療機関と連携を密に、大切にし、専門とする整形外科・リハビリテーション分野で地域医療の役割を分担します。 それを通じて地域活性化に貢献できるよう努力して参ります。

ロゴマークについて

猿渡整形外科スポーツリハクリニック

「どんなに小さなことであっても、大いなる愛を込めておこなうことは、人に喜びを与えます。そして人の心に平和をもたらします。何をするかが問題ではなく、どれほどの愛をそこへ注ぎ込むことができるか、それが重要なのです。」 -マザー・テレサ-

当院のロゴマークはそのマザー・テレサ言葉をイメージして作られました。
小さな花を両手で優しく包み込む形となっています。
花はマーガレットで、花言葉は「誠実」「心に秘めた愛」です。
大阪のクラタデザインさんにこのイメージをお伝えし、ロゴマーク作成をお願いしたところ、葉がちゃんとギザギザになったデザインをご提示いただき(マーガレットは葉はよくみるとギザギザになっています)感動いたしました。