H30年11月20日(火)は院長が学会出張の為、午後休診になります。                  ◎次回の野球肘検診日程のお知らせ H31年1月22日(火)の診察終了後に実施します。 詳しくはお電話か受付にまでお問い合わせ下さい。                     ◎リハビリ助手・看護師・准看護師・医療事務を募集しております、詳しくは求人情報をご覧ください。

有痛性外脛骨障害

スポーツ活動の盛んな10~15歳の思春期に発症することがおおい足の障害です。内くるぶしの前方、足底側に痛みが生じます。
運 動を繰り返すうちに痛みが強くなることがおおいですが捻挫などの外傷がきっかけとなって発症することもあります。
外脛骨は足の余分な骨のひとつですが、症 状のない人でも約15%にみられます。筋腱がこの外脛骨を引っ張ることにより、痛みがおこります。偏平足と合併することもあります。

痛みを繰り返 すものでも15~17歳の骨成長が停止するころに自然治癒することがおおいです。
症状が継続する場合は注射やインソールの装着などをおこなう場合がありま す。
再発予防には筋腱のストレッチング、アイシングの励行、インソールの使用などをおこないます。

テニス肘

ものをつかんで持ち上げる動作などで肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。テニス愛好家に生じやすいのでテニス肘とよばれますが、一般的には年齢とともに腱が傷んで発症します。
まずはストレッチをこまめに行います。
このストレッチ運動にはコツがあるため、入念に指導いたします。
また注射やテニス肘用バンドの装着を行うこともあります。